土葬されていた遺骨を墓じまい(改葬)する場合、どのような手続きが必要になるのでしょうか?

こちらでは、改葬に関する必要書類と手続きの流れなどを説明していきます。

土葬されている遺骨を墓じまいするには現在土葬されている遺骨を別の墓地や霊園などに引越(改葬)しさせることになります。

改葬には土葬されている遺骨のある場所の、市区町村の許可が必要となります。

改葬に必要な行政手続きとは?

改葬には、まず市区町村が用意している「改葬許可申請書」に記載を行います。記載方法がわからない場合は行政書士などに依頼してもよいでしょう。

次に遺骨がある墓地の管理者に、埋葬の事実を証明する書面の発行を依頼します。

墓地の所有者と改葬の申請者が異なる場合、墓地の使用者の承諾書も必要となるため用意します。

土葬されていた遺骨に関しては、新たに火葬が必要となります。火葬の際は火葬許可証が必要となるため、市区町村役場に発行を依頼します。

そのほか、新しい墓地に永代供養するための受入証明書や使用許可証が必要となります。

但し、火葬後に海洋散骨や手元供養(自宅保管)などを行う場合はこの限りではありません。

 

土葬されていた遺骨の改葬の流れ

改葬の流れについて説明します。
改葬許可申請書を記入後、現在土葬されている墓地・霊園の管理者に必要事項の記入と押印をしてもらいます。

次に、改葬許可申請書を現在土葬されている市区町村役場に提出します。記載内容に問題がなければ改葬許可証が発行されます。

土葬されている遺骨を火葬するには、火葬許可証が必要になるためこの時に申請を行いましょう。

改葬許可証を持って墓地・霊園に行き、改葬許可証を提示します。その後遺骨の取り出しになるわけですが、掘り出した遺骨は土など落としておく必要があります。

費用はかかりますが、専門業者(お墓のミキワ可能)に依頼し、洗骨し乾燥させたのち火葬場へ行き火葬してもらいましょう。

遺骨を取り出す際の費用は依頼する業者や遺骨の数、埋葬後の経過年数や墓地の場所(山の上など重機が入れない場所は高くなる)によって違ってきます。

また埋葬年数が相当経っている、あるいは地質などの影響で遺骨が見つからない場合もあり得ます。この場合は土を遺骨代わりに取り、新しい墓地に埋葬するなどの対応となる可能性がありますので、予めご理解ください。

 

以上、改葬に必要な手続きと改葬の流れについて説明致しました。

手続きに関して不明な部分は市区町村役場などに、書類作成等のご相談は行政書士などの専門家に依頼するとスムーズです。

ぜひ参考になさってください。

 

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

ミキワの墓じまい

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket