最近ではお墓が複数あって管理ができない、あるいはお墓を引き続く人がいないなどの理由で、墓じまいをする方が増えています。

ある墓じまいの事例

戦火を逃れて都市部から田舎へ疎開した先祖が眠るお墓。管理していた親戚も亡くなり、遠方に住んでいるTさんが管理を任されることになりました。

しかしTさんも年齢を重ねており、お墓の管理は難しいと考え、墓じまいをすることにしました。

石材店に墓石の解体と撤去工事を依頼、その工事に立ち会ったTさんは、意外なものを目にすることに。

なんと、先祖の名前が記されている骨壷とともに、名前のない骨壷(遺骨)が出てきたのです。親戚に誰の遺骨なのかを聞いても、みな知らないと一様に答えるばかり。

改葬許可申請書には氏名を記載する欄があり、どのように記載をすればよいのか困ってしまいました。

 

改葬許可申請書の記載方法

墓じまいをする場合、改葬許可証が必要です。その際に改葬申請書を提出する必要があります。

改葬申請書には死亡者の本籍、住所、氏名などを記載する欄があります。

申請者記入欄を埋め、墓地や納骨堂の管理者の証明(署名と印鑑)を受けてから、地区町村役場で申請手続きを行います。

申請には遺骨1体分につき一部必要となりますが、Tさんの事例のように遺骨を取り出した際に、氏名がわからない遺骨が出てきた場合は、改葬許可申請書の氏名欄に【不詳】と記入すれば大丈夫です。

地区町村役場によって申請書のフォーマットが異なりますので、現在、お墓がある地区町村役場に改葬許可申請書をもらいに行くか、ホームページからダウンロードして記載を行ってください。

ちなみに、死亡者の本籍、住所、氏名、性別、死亡年月日等についてわかる範囲で記入するというのが一般的なので、すべての欄を必ず埋めなければ改葬許可の申請が下りないというわけではありません。

 

墓じまい手続きの流れまとめ

1.遺骨のあるお墓の所在地にある市区町村役場の窓口、もしくはホームページから改葬許可申請用紙を入手します。

2.お墓の管理者から改葬許可申請書に署名してもらいます。

3.1の市区町村役場へ改葬許可申請を行います。(郵送可の役場もあり)

4.改葬許可証の交付を受けます。

5.遺骨の移転先墓地、納骨堂へ改葬許可証を提出します。

 

墓じまいは、手順を守って順番に進めていくとスムーズに進めることができます。仮に誰の遺骨かわからなくても手続きは難しくありませんので、ぜひこちらを参考にしてください。

 

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

ミキワの墓じまい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket