墓じまいは墓石の解体・撤去・処分をし墓所の区画を霊園や寺院に返還しなければなりません。これらの作業は通常、石材店に依頼します。ただし、民営霊園や寺院は指定石材店制度を導入しているところがありますので、その場合にはお客様が見つけてきた石材店で解体工事をすることはできません。仮に、高額な解体費用を請求されても従うほかないのです。

霊園・寺院に指定石材店制度があるか確認しましょう

墓じまい費用を安くするためには、2、3社の石材店から見積りを貰うことをおすすめします。なので、自分が探してきた石材店で工事が可能か住職や墓地管理者へ確認してください。
見積りをする石材店側としてもその方が助かります。

仮に指定石材店があっても、お布施というかたちで、謝礼を支払えば自分の好きな石材店で工事できる可能性もありますので、その辺のことも含めて相談すると良いでしょう。

改葬手続きを行政書士に依頼すると費用がかかる

墓じまいには墓石の解体・処分以外にも改葬の手続きを現在、遺骨が埋葬されている市区町村役場へ申請する必要があります。といいますのも、法律で遺骨の引越しには行政機関への申請が義務付けられているからです。

行政手続きはご自分でも可能なのですが遠方だったりすると面倒なこともあり、行政書士に手続きを代行してもらう人も少なくありません。

行政書士が改葬手続きを代行する際の報酬ですが、これが案外高く、関東であれば60,000円程が相場のようです。

お墓のミキワなら半額程度でお請けします。
もちろん提携してる行政書士が代行しますので、ご安心ください。

墓じまい費用を安くするなら一括見積りサイトはつかわない

墓じまいに限らず葬儀、永代供養、墓地販売など、複数の業者から見積もりがもらえる、「一括見積りサイト」をご覧になった方もいると思います。

詳しいことはまた別の機会に書きますが、比較サイトでは「無料で見積りがもらえます」と書かれていますが、当然「無料」で業者を紹介してサイト運営できるはずがありません。では、どこから利益を出しているのかですか?見積りを提示した業者から手数料をもらって運営しています。

仮に、3社見積もりさせて「一番安い業者に・・・」と「比較サイトは表現していますが、そのどの業者にも10%~20%の「比較サイト」の手数料が上乗せされてお客様の見積もりに提示されるのが実態です。

※10%~20%の手数料は業者によって違いますが、必ず上乗せされます。

業者から不満が出ないか?という点に関しましては、サイトに登録されてる業者はそれが条件なので、当たり前に「比較サイト」手数料が上乗せされるのです。

あなたはそれでも一括見積りサイトを利用しますか?

まとめ 墓じまいを費用を安く抑える

1.民間霊園や寺院が指定石材店制度をとっているか確認する。

2.指定石材店制度をとっていた場合、お布施を支払えば、他の石材店で工事できるか交渉する。

3.2~3社の石材店から墓石解体費用の見積りをとる。

4.改葬手続きはできるだけ自分で行うか、もしくは格安で代行してくれる行政書士を探す。

5.一括見積りサイトは利用しない

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

ミキワの墓じまい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket