近年では、遠方で継承者がいなくてお墓参りも難しくなり、墓じまいをしようかと考える人も増えています。

また、改葬先が見つからないという事情から、一時的に遺骨を自宅に保管する家庭もたくさんあるでしょう。

では、どうしたら自宅で保管し供養できるのでしょうか?

今回、墓じまいをする方法やお骨をどうしたら自宅で保管できるのかをご紹介しています。墓じまいを考えている方は是非参考にしてください。

1.墓じまいの前に閉眼供養(お性根抜き)をする

墓じまいをするには、まずお坊さんに閉眼供養(墓石に宿った魂を抜くこと)をしてもらわなくてはなりません。

というのは、墓じまいは墓石を解体し、遺骨を取り出して引っ越しをしなくてはならないからです。

お墓に仏様の魂が宿っているにもかかわらず、遺骨取り出しを行ってしまうことを避けるべきであることから、必ず閉眼供養(お性根抜き)をしてから遺骨を取出します。

2.埋葬されていた遺骨はそのままでは自宅保管にむかない

墓石を解体し遺骨を取り出しますが、火葬直後と違って長い間埋葬されていた遺骨は湿気を多く含んでいますので、そのままでは自宅保管にむきません。

遺骨を洗骨・粉骨しバウダー化して自宅で保管することが望ましいです。遺骨をパウダー化すると体積も1/3ほど少なくなります。

新しい骨壺は自宅の祭壇に合わせたサイズを選ぶと良いでしょう。

3.改葬するには行政手続きも忘れずに

遺骨を勝手に改葬(移動)することは法律で禁止されていますので、必ず行政手続きを行ってください。

ご自分でも手続きはできますが、面倒な場合は行政書士に代行してもらうとよいでしょう。

4.墓じまいの費用について

墓じまいの費用としては、墓石の解体作業に一番費用がかかります。相場としては、20~50万円(お墓の広さによって異なる)。閉眼供養の相場は、3~10万円程度です。

お墓のミキワではお墓の解体から行政手続き、供養先の手配までトータルパックを用意しています。

5.墓じまい後の永代供養や海洋散骨など遺骨の供養方法について

永代供養や手元供養

墓じまいをしてしまうと、お墓の存在は無くなってしまうので、新たに供養先を見つけておく必要があります。

供養先が無ければ一時的に自宅で遺骨を保管することになります。市区町村にもよりますが、遺骨を自宅保管をする場合は改葬にあたらないので行政手続きは不要です。(必要な場合もありますので要確認)

急いで供養先を見つける必要がなければ時間をかけて探してもよいでしょう。

供養先には、合同埋葬の永代供養墓というのがあります。このような合同埋葬(他人の遺骨と混ざってしまう)に抵抗がなく、お墓に手を合わせたいという方にはお勧めです。

都心部でも5万円以内で合同埋葬してくれるお寺もあります。

海洋散骨について

墓じまいをした後、海洋散骨を選択される方も増えています。海洋散骨では、文字通り海洋に遺骨をまき、自然に還るという新しい葬送の仕方になります。

海洋散骨をする場合は遺骨をそのまま散骨することはできませんので、必ず粉骨(粉末化)してから行ってください。

散骨方法には業者が代行して行う合同散骨。親族が立ち合いの乗船散骨などがございます。

いかがでしたか?
墓じまいをするには閉眼供養や行政手続きなど一連の手続き。永代供養(合同埋葬)、樹木葬、海洋散骨、手元供養(自宅保管)などの供養方法があります。

故人の声を聞くことはできませんが、故人を偲び何が一番良い葬送かを考えて供養したいものです。

 

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

ミキワの墓じまい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket