菩提寺の寺の墓じまいで予想外のトラブルに

先祖が眠っているお墓でも管理する人がいなくなると、いつかは墓じまいをしなくてはなりません。

菩提寺のお寺にあるお墓を墓じまいしようと、お寺の住職にお願いに行ったAさん。長年お世話になっているし、多少のお布施はあっても離檀料は請求されないだろうと考えていたAさんは、住職の信じられない言葉を耳にします。

高額な離檀料を請求された

「離檀料ですが450万円をお納めください」

墓じまいするだけなのに450万円もかかるものなのか?と耳を疑ったAさんは、その場で返事をせず、その日はお寺を後にすることに・・・。

後日、再び住職の元を訪れたAさんは、なぜそのような金額になってしまうのか、住職に尋ねます。

その時住職はこう答えたそうです。

「毎日の管理、月命日にはお経をあげ、供養を続けてきました。」と述べ、それっきり。話し合いに応じようとはしません。それにしても高すぎやしないか?というAさんをまるで相手にしませんでした。

お寺の格は高く、お付き合いも長かったので、相場よりは少し高くなるだろうと考えていたAさんでしたが、それにしてもケタが一つ違うのではないか?と知り合いの弁護士に相談しました。

困り果て弁護士に相談

弁護士の回答は、
「債権が発生していないのであれば支払う必要がない」というものでした。

債権が発生するとしたら、お墓を建てるとき、改葬する場合は離檀料として450万円払う、と言う契約があった場合だけです。

しかし住職の主張から考えた場合、この契約があった可能性はないと考えるのは自然です。

もしお寺が檀家の人々に対し、慣習的に改葬時に離檀料の支払いを求めていた場合でも、450万円というのはあまりに法外な費用となります。

Aさんはこの弁護士の意見を参考に、お寺と話し合いの場を持ちました。弁護士に相談しているという話しをしたところ態度は軟化、お布施として30万円を支払うということで合意したそうです。

離檀料を支払わなければ改葬させないと言われた。

改葬許可申請書にはお墓の管理者の署名と印鑑が必要です。お墓の管理者である住職にそれをもらえないということは、改葬ができないということになります。

法外な離檀料をタテに証明を行わない住職に対し、最終的には法廷の判断を仰ぐという方法もあります。

しかし多くの場合そうはならず、お寺と話し合いをして解決する方法がほとんどです。ちなみに住職が請求する離檀料の中に工事費用が含まれる場合もあり、一概に法外な値段を吹っかけられたと考えるのは誤りです。

相場ですが、お布施と言う形であれば10万円から20万円、工事費用込で50万円までというところが妥当な金額ではないでしょうか。

高額な離檀料を請求されたからといって、いきなり弁護士のところに相談するのではなく、じっくりとお寺と話し合いをして解決するとよいでしょう。

 

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】
ミキワの墓じまい

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket