昨今、亡くなった後の葬送方法で散骨を希望する方が増えてきています。特に若い方には「お墓に入るよりも広々とした海に遺骨を撒いて欲しい」という傾向があるようです。この、散骨にも様々な方法や種類があります。

そんな散骨の際に必要な散骨の流れと必要な手続きについてまとめてみました。

海洋散骨の種類

海洋散骨には、遠洋で散骨する海上散骨と砂浜や岩場などから海に散骨する沿岸散骨があります。散骨の流れは、火葬した後に遺骨を粉骨し、散骨したい場所へ行って散骨することになります。散骨する時には遺骨を2mm以下の粉末状にする必要があります。粉骨にもルールがあるので、しっかり対応するようにして下さい。

散骨費用の相場はいくら?

粉骨は、粉骨代行サービスなどを利用する方法もあります。費用は10,000円~30,000円程度が相場で、火葬が終わった後に遺骨を業者に引き渡し 、粉骨も含めた後を任せることも可能です。

粉骨は業者へ依頼し個人で散骨することもできますし、散骨を代行してくれる散骨代行業者に頼むこともできます。代理散骨の料金は30,000円~50,000円程度です。

東京近郊でも散骨できます

東京湾や相模湾、葉山といった東京近郊の海への散骨も可能となっています。東京湾の散骨ポイントは、東京都、千葉県、神奈川県と3県にまたがる海域地点となります。

散骨を業者にお願いすると、「散骨証明書」を発行してもらえるというメリットなどがあります。海洋散骨は、遺骨の散骨は業者に頼まなくても個人でも行なえます。散骨をする際の許可証などは必要ありません。正式に必要とされる書類など も現在のところ無く、法律的にも役所に届ける必要などもありません。

散骨のルールやマナーを守りましょう

しかし、、ルールやマナーをしっかり守る必要があります。周囲の環境や感情に配慮したうえで行なうようにして下さい。節度をもった散骨が大 切です。法律的に違法ではないものの近隣の方への配慮なども欠かせません。

また、海であればどこでも良いという訳ではないので、海洋散骨業者などにお願いするとスムーズに行なうことができます。海洋散骨代行業者に も様々な会社があるので、しっかり検討するようにしましょう。

散骨に関する法律は、日本国憲法において「個人が節度をもって行う散骨」においては違法ではありません。ただし、市区町村単位で条例を設け て規制している所もあります。

散骨をしようと思う地域の条例は必ず確認するようにしましょう。散骨をする方法には、骨の全てを散骨する方法と少量を残して手元供養する方 法などがあります。状況によっても様々なケースがあるかと思います。

火葬してすぐに散骨する場合と、手元供養をしてから散骨する場合、お寺に預けてある遺骨を散骨するケースなどがあります。個人で散骨を行なう際の注意事項をご紹介致します。遺骨を粉末にする(2mm以下が一般的)。自然に還らない副葬品などは撒かない。養魚場や 養殖場が近くにある場合は避ける。水溶性の紙などに遺灰を包む。といった項目を基本的に注意して下さい。

事前に散骨の流れを把握する

今までの風習では毎年、お盆にはお墓参りに行き、先祖を迎えるということが常識でした。しかし、昨今ではお盆の時期のみならず、「なかなかお墓に足が向かない・・」とか「お墓参りに行く時間がない」という状況の人が増えている ようです。そんなお墓参り事情も影響してか、散骨を希望される方も増えつつあります。

お墓事情とは別に、単純に「海に還る」という選択をご本人が希望する人もいらっしゃいます。親御さんなどから「死んだら海に散骨して!」と言われている人も少なくないのではないでしょうか。そういった時のために、ご子息の方が遺骨 の散骨の方法や流れ、手続きなどを事前に把握しておいても良いかもしれません。

 

お墓のミキワでは、粉骨13,000円、海洋散骨25,000円と格安にてご利用いただけます。
海洋散骨(東京湾)をご検討中の方はお気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket