案外悩むのが墓じまいの服装です。

お墓を継ぐ人がいない、高齢になり管理ができない、終活の一環として残された家族の負担を減らしたい、などの理由で墓じまいを行う方が増えています。

墓じまいは先祖や家族の眠るお墓を解体、撤去して、お骨を納骨堂に納める、あるいは散骨などをして供養することを言います。

墓じまいの経験がない方はいろいろと慣れないことに戸惑うかもしれませんね。

特に迷いがちなのは服装です。墓じまいをする際に、どんな服装をしていけば良いのか迷われる方が結構いらっしゃいます。

こちらでは墓じまいで多いお悩み事のひとつ、「墓じまいの服装」についてご紹介します。

閉眼供養と墓じまいが同日の場合

閉眼供養をする=お坊さんにお経を読んで供養してもらう場合は、喪服を着用します。お墓を新しく建てるとき「開眼供養」が行われますが、墓じまいをするときは「閉眼供養」を行い、魂を抜き取ってもらう法要が行われます。

法要なので、お坊さんは正装です。お坊さんが正装なら、法要を執り行う施主は喪服を着るのがマナーです。

小さいお子様の場合は白地のシャツに黒か紺色のズボン、黒か白色の靴下を履くと良いでしょう。

親族が閉眼供養に参加される場合は、事前に服装などについて伝えておくとスムーズです。施主が喪服なら親戚も喪服という形がよろしいかと思います。

 

閉眼供養と墓じまいが別日の場合

お坊さんが来ないので石材店と身内だけで墓じまいをしますので、喪服ではなく平服でいいでしょう。

お墓の場所によりますが、山の上や車が通れない足場の悪い場所にある場合喪服だと逆に危険ですし、汚れてしまう恐れがあります。お墓の場所をふまえた服装をすると良いでしょう。

ちなみに平服と言っても、お墓を供養する目的になるため、露出が大きかったり派手な色や装飾がついていたりする服は避けるべきです。

 

まとめ、
閉眼供養を済ませた後の墓じまいだけであれば、お坊さんは呼びませんし魂を抜いたお墓はただの石ですので、平服でなんら問題ありません。

また、ご遺骨を郵送してもらい、その場引き取らなければ立会いの必要もありません。

なので、墓じまい前の閉眼供養のときだけ、喪服を着たほうが望ましいですし、普段合わない親戚が全員集まる場合には、服装がバラバラになることを避ける意味でも喪服で統一することをおすすめします。

その際は墓じまいの施主となる方が事前に連絡をしておくと良いでしょう。

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

 

ミキワの墓じまい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket