墓じまいの後は永代供養墓の紹介もしております。管理料は一切不要の一柱30,000円からです。

永代供養墓(合祀)について

墓じまいをされた後のご遺骨の供養先として、 「樹木葬」、「納骨堂」、「永代供養墓(合祀)」などがございます。

費用が安いこと。後継を前提としないことなどから、 永代供養墓(合祀)を選択される方が増えてきています。

 

合祀(ごうし)とは、ご遺骨を直接土に還すことで、 合葬(がっそう)とも呼ばれています。

ご遺骨は既に祀られている他の人のご遺骨と混ざり合うため、 一旦埋葬すると、ご遺骨を取り出すことができません。

永代供養墓(合祀)のメリット

1柱(人)33,000円(税込)と費用を抑えて供養できる。

寺院や霊園が永代にわたり供養してくれる

檀家(信徒、門徒)にならなくてよい。

管理費など維持費がかからない。

永代供養墓(合祀)のデメリット

血縁関係のない他人のご遺骨と混ざってしまう。

一旦合祀すると、ご遺骨が取り出せないので改葬(引越し)ができない。

合祀まで2年間お預かりできます

すぐに合祀するか決心がつかない方には、 ご遺骨を一時的に預かる預骨サービス(最長2年間保管)もございます。

2年間ゆっくりと、供養先をご検討ください。

永代供養(合祀墓)の流れ

お問い合わせ

専用フォーム、もしくはお電話にてお問い合わせください。

担当スタッフがご対応させていただきます。

必要書類の準備

・ご本人確認書類(保険証、運転免許証等のコピー1通)

・埋火葬許可証、改葬許可証のいずれかコピー1通

書類が無い場合はご相談ください。

お申し込み

永代供養(合祀)申込書」を送付いたしますので、必要事項を記入しご返送ください。

お支払いは銀行振込となります。

送骨

ご遺骨、必要書類を同梱し、 指定場所へお送りください。

直接、お寺に持ち込まれる場合はご予約をお願いいたします。

納骨

ご遺骨を合祀した後、寺院・霊園が責任をもって永代にわたり供養いたします。

納骨通知

納骨が終わりましたら、納骨通知書をお送りいたします。