墓じまいをする際のよくあるトラブルの一つに、連結墓地に関するものがあります。

連結墓地とは複数の墓石が1つの外柵でおおわれているような形の墓地を言います。このような連結墓地の一角をすべて墓じまいする場合は問題が少ないのですが、そのうちの1つだけを墓じまいする場合、費用が高額になったり、工事が困難になったりするなどのケースが出てきます。

お墓の解体・撤去・更地化とは

お墓はもともとお寺や都道府県や市町村などの自治体が管理・運営している墓地の上に建っています。墓じまいをする場合はお墓を解体し、墓石などを撤去したのち、更地化し区画を返還しなくてはなりません。

撤去費用は、お墓の広さや墓石の大きさと量、撤去作業にかかる工数や工事の方法で変わってきます。重機が使える広い土地ならば工期は比較的短く、人手も少なくて済みますが、手作業で撤去しなければならない場合、工期が長くなり、人手もかかるため高額な費用となってしまいます。

相場は1平方メートルあたり10万円と言われていますが、ケースバイケースなので、石材店に見積もりを取ると良いでしょう。墓地によっては墓じまいの際に石材店を決めている場合がありますので、お墓の管理者(住職など)と打ち合わせをしておいた方が無難です。

連結墓地の場合気を付けておくべき事

連結墓地はお墓の基礎部分が2つ以上連結した状態で作られているので、幅も広くまた頑丈に作られています。こうした連結墓地の一部を墓じまいする場合、一部を撤去してそれで終わりと言うわけではなく、撤去しない方のお墓を残すための工事を行わなければなりません。

そうすると費用が高額になりますので注意が必要です。こうした工事費用の高額化のほかもう一つ、連結墓地の墓じまいには親族間トラブルが発生しやすいという難点があります。

兄弟間、親族間で仲が悪くなりお墓を移したい、あるいは遠方へ引越すので一部だけ近場に移したい、墓を受け継ぐ人がいなくなる、といったケースでは親族間でのトラブルが発生しやすいと言われているため、連結墓地の一部を墓じまいする場合は注意が必要です。

連結墓地に当たるお墓を墓じまいする際は、工事そのものが可能かどうか、工事費用の見積もり額に問題はないか、親族の同意が得られているかなど、事前に確かめておきましょう。

そうすればトラブルに発展するリスクを減らすことができます。ぜひ参考にしてください。

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

ミキワの墓じまい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket