ここ数年、先祖が埋葬されている遠方のお墓を処分し、お住まいの近くのお寺や永代供養(合祀墓)などに改葬する人が増えています。

墓じまいを安くするにはどうするか?

墓じまいはお墓の解体費用や遺骨の改葬費用が必ずかかります。その他にも菩提寺になっている場合、問題になるのがお寺に支払う離檀料です。この離檀料をめぐってトラブルになるケースもありますので、後腐れのないように墓じまいをしたいものです。

これは、田舎に住むAさんの墓じまいの話です。

Aさんは、田舎にある先祖の墓を処分し、息子夫婦が暮らす都心へ遺骨を移したいと考えていました。そこで住職にお墓を処分し遺骨を移したいと相談したところ、住職はひどく憤慨し、なんと500万円の離檀料を請求してきました。

この離檀料は5○○万円と言う金額の根拠が不明確のため、まれに裁判になったりします。寺院にとっても檀家離れは経営を悪化させますので、なるべく墓じまいをさせたくありません。将来入ってくるはずの収益分を高額な離壇料で補填する意図があると考えられます。

ただ、離檀料に法的な根拠がないからといって、すぐに裁判をするのはおすすめしません。裁判ともなれば貴重な時間が失われますので、寺院との揉め事はできるだけ避けたほうが賢明です。

もしも、高額な離壇料を請求された場合ですが、その場合は離壇料を安くしてもらうために、墓じまいに詳しい弁護士に間に入ってもらい、寺院と交渉してもらうこともできます。

ただし、墓じまいの離壇料を安く抑えたいからといって、初めから第三者を入れるのもおすすめしません。寺院としても初めから見知らぬ人物が間に入ってきたら、いい気分はしないでしょうから、まずはご自身で住職に相談したほうがよいでしょう。

Aさんの場合は、息子夫婦に相談したのち、行政書士に間に入ってもらい住職と話し合った結果、10万円まで減額できたそうです。
そもそも、改葬と離壇とは関係のない話ですし、改葬許可証は市区町村が交付するものなので、改葬を阻むような行為はできないと考えられます。

 

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

ミキワの墓じまい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket