https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/c6/c6001768bac58f5076e04f95a7c7d739_t.jpeg

終活という言葉が流行し、自分が人生の最期を迎えるにあたり様々な決断を元気なうちに自分で行うことが一般化しつつありますね。

たとえば、介護が必要になったら、どんな場所でどんな生活を送りたいのか、看とりの時期はどうありたいのか、相続はどうするのかなど、その内容は多岐にわたります。

亡くなったあとのこと、葬儀についても自分の希望を伝えておくという人が増えました。従来の方法に限らず、散骨をして供養してほしいと考える人も多くなっています。

ではなぜ、散骨を希望する人が増えてきたのでしょうか。今回は、散骨希望者が増えてきた理由や、散骨をトラブルなく行うポイントについてご紹介します。

お墓や供養方法も自分で決める時代

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/26/26a75e9b409057d37c58e3bf38457dcd_t.jpeg

終活によって、自分の最期について自分で考える時代になりました。身寄りがなく、自分で考えざるを得ない状況以外の人も、家族に負担を残さないために自らが決定し、準備できるものはしておく、という考え方が主流になってきています。

それはお墓の形や供養方法についても含まれ、先祖代々守ってきたお墓があっても、自分の遺骨はそれ以外の方法で供養してほしいと願う人もいます。

自然葬、散骨に対する考え方が前向きにとらえられた

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/ea/ea96f0e5234ec3d89642ac7607d451e3_t.jpeg

 

墓石の代わりに樹木を建てる樹木葬なども含めて、海や山へ散骨する自然葬を希望する人が増えてきました。従来のお墓に入る方法とは異なり、自然に還ることをイメージしやすい方法での供養という点が多くの人の注目を集めているのでしょう。

自然に還るというイメージは、亡くなったあとの旅立ちという前向きな印象にもつながりやすいです。特に、透明度の高いきれいな海や、見晴らしのよい山の上などに散骨してほしいと希望する人が多いのは、きれいな風景の一部になりたい、明るくきれいな場所にいたい、というごく自然の感情かもしれません。

家族のありかたが変わってきた

核家族化、少子高齢化に伴って、跡継ぎがいない家も増えてきました。お墓の管理や先祖の供養は、家の跡継ぎが行うことが当たり前だった少し前に比べると、今はだいぶ事情が異なってきています。

一人の子どもが自分の親と配偶者の親の両方を世話する、なんてことも普通になってきました。お墓の管理を遺された子どもに任せるのは負担が大きいと考える人も増えました。跡継ぎのことを考えて、自分の代で永代供養に切り替えたり、墓じまいの方法を検討するなどして、これから先は管理が必要ないように区切りをつけておく方法がよく知られてきています。

トラブルなく散骨する方法とは?

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/98/980c0871ef0206c680c12722c679ed84_t.jpeg

散骨は、きちんとルールにのっとって行わないと法律違反となります。ですから、単に遺骨を好きな場所に撒けば良い、という風にはいきません。

散骨するにあたり、骨を細かく粉砕する必要があります。散骨できる大きさは、一辺が2㎜以下の粉末状ですから、とても細かいですね。散骨用に、きちんと処理する必要がありますので散骨業者に任せた方が安心です。

さらに、散骨場所への注意も必要です。散骨できる場所は、実はかなり限られています。散骨を規制する法律はないものの、誰かの所有地や地権者のいる場所では、その人の許可が必要です。また、市区町村によっては、散骨自体を条例で禁止しているところもあります。

ですから、基本的に許可のない公共施設や私有地、観光地やそのルート内、養殖場のある周辺海域などでは散骨することができません。

海に散骨を希望するケースがとても多いですが、トラブルを避けるためには散骨業者に依頼して、散骨できる場所まで案内してもらう方が安心といえます。

とはいえ、散骨すると当然遺骨は遺族の手元に残らなくなります。分骨供養という方法で、遺骨の一部を残しておくことも可能ですから、しっかりと親族間でも話し合って、みんなが納得する方法で供養することが大事です。

 

東京湾にて海洋散骨

ミキワの委託散骨はご遺族様に代わり弊社担当スタッフが真心をこめて散骨を代行します。また、ご家族様に乗船していただく個別散骨にも対応しております。

委託散骨は格安プランではりますが、当社事務所から20km圏内であればご自宅以外の場所(火葬場等)でも、無料でお伺いいたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket