通常、墓じまいのための墓石の解体・処分は石材店が行います。しかし、近年、石材店以外の解体業者が参入してきており、トラブルも多くなっております。

墓じまい費用が安いだけの理由で業者へ依頼すると後々、トラブルになることもありますので、業者選びは慎重にしましょう。

墓じまい費用は安かったが思わぬトラブルに発展

都立霊園の管理者に聞いた話ですが、墓石の扱いになれていない解体業者が格安で墓じまいを引受けてちょくちょくトラブルをおこしているようです。

別に石材店以外が墓石の解体をしても、なんら問題はないのですが、墓石の扱いになれていない解体業者が作業中に近隣の墓石を傷つけたり、墓石を倒したりするようなので墓地の管理者も困っていました。

このようないい加減な解体業者ですから、解体した墓石を不法投棄している可能性もありそうです。

皆さんの「墓じまい費用を少しでも安く抑えたい」気持ちにつけこむ

墓石の解体作業を依頼する場合は、どのような業者か把握することが必要です。また、あまりにも墓石の解体費用が安い場合は注意してください。

なんでもそうですが、ものには相場というものがあります。墓石の解体でも人件費や処分代は必ずかかります。

地域によってもバラツキはありますが、解体費用は墓石一基あたり20~40万円が一般的です。ただし、撤去用の機材が入れない場所にお墓がある場合、業者によっては割増料金が10~20%発生します。後々トラブルにならないためにも、墓地周辺の環境や割り増し料金の有無は、事前にしっかりと確認しておきましょう。

墓じまい後の供養先も考えておきましょう

墓じまいをすると、遺骨を移動させる必要があります。多くの人は供養先として永代供養墓(合祀墓)を選択されるようです。理由としてはやはり費用が安いということでしょう。

永代供養(合祀墓)は、新規に墓地や墓石を購入する必要がありません。通常、墓を新しく建てようとすると、墓石代金と永代使用料を合わせると200万円ほどの高額な費用が発生しますが、永代供養墓(合祀墓)であれば墓石を用意する必要がなく、都心でも35,000円~50,000万円ほどで利用できます。

ただ、合祀墓は他人とご遺骨と一緒に埋葬されてしまうので、それを懸念される方がいるのも事実です。最近では永代供養の個別安置型の供養方法もありますので、他人のご遺骨と混ざってしまうのに抵抗がある方は個別安置型も選択肢にいれてみてください。

他にも、海洋散骨などあまり費用をかけない供養方法もあります。日本では比較的新しい供養方法ですが、海外では一般的な葬送の方法である事でも知られています。

お墓の前で手を合わせるという固定概念もうすれ、個人の価値観が尊重される時代になってきているのかもしれません。

墓じまいには行政手続きなど墓石解体以外にもやることはありますので、業者へ依頼する際は、墓石の解体・処分から改葬手続き、供養先の手配まで全て対応できる業者に一括で依頼すると、負担が少なくてすみます。

お墓のミキワでは、供養先が見つかるまでの間(最長2年間)、ご遺骨を一時的にお預かりすることもできます。

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

ミキワの墓じまい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket