散骨する時の服装
2019年3月14日

 

葬送の際には喪服を着るのが一般的ですが、散骨に関しては平服を着て行くことが勧められています。

なぜ散骨の時には平服を着るべきなのか、その理由を解説しますので、散骨を検討している方はご参考にしてください。

 

散骨に平服を着て行くべき理由

散骨に平服を着て行くべき理由についてお伝えします。

平服を着るべき理由はいくつかあります。

 

船に乗って散骨するため

海で散骨を行う場合は、船に乗る必要がありますが、船上では着慣れた平服を着て行くことが推奨されています。

船に乗り慣れていない人が多いため、船の揺れなどによって思わぬ事故を防ぐためにも、動きやすい普段着を着て行きましょう。

船に海水が入り込み、足元が濡れてしまう可能性があるため、革靴を履いていくことは避けましょう。

革靴が濡れることによって品質が劣化してしまいますし、足元も滑って危険です。

船上では何より安全性を重視する必要があるため、無理に喪服を着ることは推奨されていません。

喪服を着て船上での散骨に臨みたいという方は、散骨場所に到着してから着替えるなどの工夫をしましょう。

 

山に登って散骨するため

山で散骨を行う場合は、登山に向いていない喪服での移動は危険が伴いますので、登山に適した服を用意して臨む必要があります。

登山の最中に木の枝などに引っ掛かって服を傷つけてしまう恐れもあるため、破れてしまっても構わない服装を選びましょう。

靴も泥だらけになってしまうため、山での散骨用に使い捨てのシューズを買っておくこともオススメです。

海と同様に、喪服での移動は向いていないため、どうしても喪服を着たい場合は、散骨場所についてから着替えるようにしてください。

 

第三者に迷惑をかけないため

散骨時に平服が勧められるもう一つの理由として、他の人への配慮もあります。

散骨は山や海で行うことになるため、一般人の目に触れる可能性があります。

喪服を着た集団が大勢で移動しているのを見たら、普通の人は驚いてしまいます。

他の人から見ても不自然とならないよう、散骨では平服が推奨されているという事情もあります。

特に海洋散骨の場合などは、海水浴を楽しむために来ているお客さんも多いので、極力目立ない姿で散骨をするべきでしょう。

 

自由を追求するため

散骨は今までの価値観に囚われない新しい葬送の形でもあるため、自由な思想のもとで葬送を行いたいと考える人が多いです。

堅苦しい喪服ではなく、平服で散骨に臨みたいという声もあることから、散骨においては自由な服装での参加が可能になったという事情もあります。

自由な服装が許されているため、安全面さえ考慮しなければ、喪服で参加するのも自由でしょう。

故人の自由な思想のもとで行われるのが散骨ですので、見送る側にも自由なスタイルで臨んでほしいという考え方が浸透しています。

ただし、散骨業者は安全面を重視しているところが多いため、喪服の参加が断られる可能性がある点にはご注意ください。

 

場面ごとに適した服装

散骨の場面ごとに適した服装をご紹介します。

散骨できる場所は様々ですので、場所によって適した服も変わってきます。

 

海で散骨する時の服装

海上は潮風によって冷え込みやすくなるため、ジャケットなど羽織ることができるものを持っていくと良いでしょう。

海に潜るわけではないため、水着などを用意する必要はありませんが、濡れても問題無い服は最低限用意して臨むようにしてください。

靴は特に水濡れで劣化しやすいため、マリンシューズなど、海上の移動に適した靴を用意しておくことをオススメします。

 

山で散骨する時の服装

山で散骨を行う場合は、移動の過程で服が破れたりしてしまう可能性があるため、丈夫な服を用意しておいてください。

険しい山では、すぐに服が着ることができない状態になってしまう可能性もあるため、安い服を使い捨て用として買うことを考えてみてもよいでしょう。

靴の場合は、壊れはしなくても泥だらけになってしまう可能性は高いため、洗っても問題無い靴を選ぶようにしてください。

 

空で散骨する時の服装

空で散骨を行う場合は、着慣れた普段着を着て行けば問題無いでしょう。

小型飛行機などで空から散骨を行うことになるため、散骨現場に降りるわけではありません。

珍しい散骨方法として、宇宙散骨がありますが、宇宙散骨の場合も打ち上げられる遺骨を見送るだけとなりますので、特に服装に関して気にする必要はないでしょう。

海や山で散骨するよりは、服も傷みにくいものと思われます。

 

まとめ

散骨時の服装は平服で行うということをご説明しました。

基本的には喪服ではなく、平服で散骨することが推奨されますが、服装のルールは散骨業者によって異なります。

散骨業者に依頼する際には、服装の規定についても尋ねておきましょう。

 
【2018年最新版】全国の散骨業者一覧

無料相談

「寺院から高額な離檀料を請求された」、「親族間で揉めている」、「供養先が見つからない」、「何から手をつけていいか分からない」等、墓じまいでお困りの方は、お気軽にご相談ください。単なる質問でも構いません。

営業は一切しませんので、どうぞご安心ください。それでも不安な方は非通知でお掛けください。
電話番号:0482127186

担当:吉野

 

日本一安い墓じまいに挑戦中

行政手続き代行、お墓の解体・撤去、供養先の手配などアフターフォローまで責任を持って承ります。お問い合わせ・お見積もり無料です。

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまい(墓石の解体・処分)をご検討中はお気軽にご相談ください。

墓じまい代行|費用を抑えた改葬|お墓の解体・処分はミキワ

東京湾にて海洋散骨

ミキワの委託散骨はご遺族様に代わり弊社担当スタッフが真心をこめて散骨を代行します。また、船をチャーターしご遺族様が散骨できる個別散骨プランもございます。

東京23区内、当社事務所から20km圏内であれば、ご自宅以外の場所(火葬場等)でも、無料でお伺いいたします。

散骨代行・ペット委託|東京湾の格安散骨ミキワ