お寺の墓じまいトラブル!離檀料と指定石材店の縛り
2019年10月18日

お金に汚い住職とは縁を切る

今からさかのぼる事3カ月前、千葉県にお住まいの女性から相談のお電話をいただいたのですが、開口一番に「あの~・・・お寺と縁を切りたいので直に墓じまいしたい」と言ってこられました。

詳しくお話しを伺うと、都内の寺院墓地に義父が埋葬されているのですが、お寺の住職が金の亡者で、事あるごとに寄付金やお布施を要求してくるそうです。

8月に義父の十三回の法要があったので、住職に塔婆の相談したところ「そんなものは後でいいから、お布施を収めてください」と法要そっちのけで、お金の催促が凄かったとか・・・。

今まで我慢してきた義母も住職の振る舞いにはさすがに参ってしまったそうで、最近では笑顔も無くなり心身ともに疲れ果てたようで、義母がどうにかなる前にご主人と相談の上墓じまいを決心されました。

一度目の墓じまい交渉

9月のお彼岸で義母と二人で墓参りに行った際、住職に墓じまいしたい旨を伝えたところ、「墓じまいする事は構わないが¥1,000,000はかかる」と言われ、あまりの金額の高さに愕然とし、その日は何も言えず帰ってきてしまいました。

本当に墓じまいに¥1,000,000もかかるの?

住職から墓じまいに¥1,000,000かかると言われ事をご主人に話すると、「何故、そんなに高いんだ。内訳の説明もないし本当にそんなにかかるのか?」と切れられてしまいました。

そこからインターネットで墓じまい費用について色々調べられたようです。お墓のミキワのブログでも墓じまい費用については、かなり詳しく書いていますので、そのブログを読まれたと仰っておりました。

実際、寺院墓地の墓じまいは費用で揉める事がとても多いです。墓じまいは一生の内で何度も経験する人はいませんから、進め方や金額についてよく分からないと思います。その結果、住職の言いなりになってしまう人も少なくありません。

¥1,000,000の根拠はどこにもない

寺院と墓じまいの交渉中につき、すぐにお墓を見に行くことができません。なので、取り急ぎお墓の写真をメールで送ってもらうことにしました。お墓は1㎡程度の小さいものでしたので、一般的な石材であれば墓石の解体に¥200,000もあれば収まります。

では、残りの¥800,000は何にかかるお金でしょうか?離檀料に¥800,000も請求するつもりなのでしょうか?わたしの経験では寺院との付き合いも短いですし、墓石の解体費用とお布施を合わせても¥200,000~¥250,000もあれば墓じまいできそうに感じます。

寺院墓地の墓じまいは簡単?

ご相談者には、寺院墓地の墓じまいで特に重要な「離檀に伴うお布施(離檀料)」、「指定石材店の縛り」、「改葬の為の埋葬証明」、「お骨の所有権」等、それらが持つ性質や法的な解釈についてお話しさせていただきました。

ご相談者も交渉の手順やポイントが分かったため、不安から少し開放された様子でした。

 

数日後、ご相談者から「無事、住職から墓じまいの承諾を得られたので見積をお願いしたい」と電話が入りました。

2回目の墓じまい交渉にはご主人と義母の3人で望まれました。再度、住職に墓じまいしたいと伝えると、前回同様「墓じまいには¥1,000,000かかる。工事は○○石材店でしなさい」と言われます。

しかし、そんな事は想定内です。事前にあらゆる情報を収集して望まれたので、「離檀料」、「改葬」、「お骨の所有権」等について、住職の話を全て論破します。あれほど、怖かった住職が何も言い返す事ができません。

ご相談者も少し拍子抜けしたと仰っておりました。

当然、離檀料も指定石材店の縛りも全て無くなりましたので、ご相談者の要望が100%通りました。

帰り際に住職から、「墓じまい工事の水代を払って欲しい」と要求されたが、「もう、喜んで¥5,000渡してきました」。と笑顔で仰っていたのがとても印象的でした。

それはそうです。当初¥1,000,000かかると言われたものが、1/5の\200,000で済むのですから水代の¥5,000なんて痛くも痒くもありません。

おや?話と少し違います

数日後、墓石撤去の見積のため寺院へ電話し、住職に「お墓を見せて欲しい」と伝えたところ、凄い剣幕で切れられ怒鳴りつけられました。

「あの檀家は私の言う事を一切聞かない」、「墓をかたずけてさっさと出ていけ」など、ご相談者に言い返せなかったが、よっぽど悔しかったのでしょうか?住職から思い切り八つ当たりされました。苦笑

石屋に文句を言う住職は結構います。(まあ、慣れていますので全然平気ですけど)

翌日、寺院へ菓子折り持参で挨拶に行き、住職の奥様に見積りに来た旨を伝えたところ、家の中から住職が大声でわめき散らしている事が聞こえてきます。どうやら、まだ怒りが収まっていないようでしたので、さっさとお墓を調査してその日は失礼しました。

最後まで気を抜かない

住職がこんな状態ですと、下手をすると解体当日に難癖つけ門前払いされる可能性すらあります。(実際に当日に工事拒否されるケースはあります)

そうならない為にも、ご相談者と入念に打ち合わせをして、墓石の解体作業に望みました。

いよいよ墓じまい当日です。インターフォンを鳴らすと息子の副住職が出てこられました。反面教師でしょうか?副住職はとても親切で丁寧な方でした。おかけで、何の問題もなく無事墓じまいをすることができました。

主人には申し訳ないけど墓じまいできてホッとしました

墓石の解体作業の後、ご相談者の義母宅へお仏壇を引取に伺いました。困難だと思われた墓じまいが無事できたことが余程うれしかったのでしょう。義母様も大変お喜びで1時間近く喋り通しでした。

13年ほど前にご主人を亡くされ、お墓を建てられたのですが住職と顔を合わせる度び、「お布施」、「お布施」と催促され、住職の顔を見るのが嫌で嫌でイローゼ気味になったと仰っておりました。

「お布施」、「お布施」って・・・よっぽと、お金が好きな住職なんでしょう。

まあ、冗談はさておき住職には申し訳ないですが、¥200,000足らずで墓じまいできた事は良かったです。

墓じまいは情報収集が重要

このような事例は決して珍しくありません。寺院墓地の墓じまいでは、とかくトラブルに発展し易いので慎重に進める必要があります。スムーズに墓じまいをする為には、まずは墓じまいに関する正しい情報を収集することがとても重要です。

インターネット環境が無くて情報収集に時間がかかるのであれば、直接石材店へ電話で相談すると良いでしょう。良心的で経験豊富な石材店であれば、色々とアドバイスしてくれるはずです。

電話をすると、しつこい営業攻撃にあうと敬遠する人がいるかも知れませんが心配無用です。

えっ、何故かって?答えは単純です。

そもそも「墓じまいは利幅が少ない」ので、しつこく追いかけるほど石材店は暇ではありません。

無料相談

「寺院から高額な離檀料を請求された」、「親族間で揉めている」、「供養先が見つからない」、「何から手をつけていいか分からない」等、墓じまいでお困りの方は、お気軽にご相談ください。単なる質問でも構いません。

営業は一切しませんので、どうぞご安心ください。それでも不安な方は非通知でお掛けください。
電話番号:0482127186

担当:吉野

 

日本一安い墓じまいに挑戦中

行政手続き代行、お墓の解体・撤去、供養先の手配などアフターフォローまで責任を持って承ります。お問い合わせ・お見積もり無料です。

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまい(墓石の解体・処分)をご検討中はお気軽にご相談ください。

墓じまい代行|費用を抑えた改葬|お墓の解体・処分はミキワ

東京湾にて海洋散骨

ミキワの委託散骨はご遺族様に代わり弊社担当スタッフが真心をこめて散骨を代行します。また、船をチャーターしご遺族様が散骨できる個別散骨プランもございます。

東京23区内、当社事務所から20km圏内であれば、ご自宅以外の場所(火葬場等)でも、無料でお伺いいたします。

散骨代行・ペット委託|東京湾の格安散骨ミキワ