八柱霊園に眠る著名人や都立霊園の墓じまい(改葬)手順
2017年11月20日

八柱霊園に眠る著名人や都立霊園の墓じまい(改葬)手順

八柱霊園に眠る著名人

八柱霊園には柔道家の嘉納治五郎をはじめ、写真家や詩人が多く眠っています。

嘉納治五郎(柔道家)

教育家・柔道家。兵庫県生。幼名は伸之助。東大卒後、学習院教授等を経て東京高等師範学校長を多年務める。また講道館を創設し、その館長として柔道の研究指導に当たり、斯界の父と仰がれる。貴族院議員。日本最初のIOC(国際オリンピック委員会)委員。昭和13年(1938)歿、79才。

 

千葉さな子(千葉定吉の二女)

北辰一刀流剣術開祖千葉周作の弟・小千葉(桶町)道場千葉定吉の次女。14歳で免許皆伝、その美貌と剣の強さから千葉の鬼小町と呼ばれていた。

土佐から江戸千葉道場に入門した龍馬と天下静定の後を待って華燭の典(結婚)を挙げたいとし、父定吉もそれを許可し、龍馬は桔梗紋服、千葉家からは短刀一振りを取り交わし婚約したとされる。

さなは59歳で生涯を終える。谷中墓地に埋葬され、現在は八柱霊園の無縁塚に葬られている。

 

レオニード・クロイツァー(ピアニスト・指揮者)

はやくから天才ピアニストとして知られ、指揮者としても活躍する。1906年ドイツに移住する。ピアノ、音楽評論、教師として多方面で活躍し、作曲家としても名声を高める。’21〜33年ベルリン音楽大学教授。’33年ナチスに追われて日本に移住する。’37〜53年東京音楽学校=東京芸大で教える。多くのピアノ奏者を育て、日本楽界の向上に大きく貢献する。ショパンの全ピアノ作品の実用版の校訂(’27年)や装飾音の研究で知られる。

 

大村能章(作曲家)

1893年(明治26年)に防府市で生まれた作曲家で「同期の桜」「野崎小唄」などの作品で知られます。中山晋平、古賀政男、江口夜詩とともに歌謡界の四天王として昭和の歌謡界にその名を残しました。約8000曲を作曲し、多くの歌手を育てましたが、1962年(昭和37年)に亡くなりました。

 

山之口貘(詩人)

山之口貘は1903年(明治36年)に沖縄で生まれた。大正10年前後に父が事業に失敗し、その後、一家は離散する。197編の詩を書き4冊の詩集を出した。名前の表記は、けもの偏の「獏」ではなくムジナ偏の「貘」である。

 

西條八十(詩人)

早大英文科卒業後、堀口大学・日夏耿之介等と「詩人」を創刊、第一詩集『砂金』では、その洗練された幻想的作風で好評を得た。また「赤い鳥」に童謡「かなりあ」を発表、わが国最初の芸術童謡と称された。ソルボンヌ大学留学を経て早大仏文科教授となる。訳詩集『白孔雀』・童謡集『鸚鵡と時計』・抒情小曲集『海辺の墓』等があり、「東京行進曲」など歌謡曲の作詞家としても知られる。昭和45年(1970)歿、78才。

 

土門拳(写真家)

1935年名取洋之助の主宰する日本工房に入って報道写真家の道を歩む。第2次世界大戦後,精密で豪快なリアリズム的作風によって写真家としての地位を築いた。また写真雑誌を通じて写真リアリズム運動を提唱しアマチュア写真家を指導。

 

松山恵子(演歌歌手)

中学2年の時、日本コロムビアの全国歌謡コンクールで10位に入賞しプロ歌手を志す。昭和29年日本マーキュリーレコード全国大会で優勝し、30年「マドロス娘」でデビュー。31年の「十九の浮草」で注目を集め、32年「未練の波止場」でNHK「紅白歌合戦」に初出場し、以来7年連続出場(通算8回出場)。代表曲の「だから云ったじゃないの」の歌詞「あんた泣いてんのね」は流行語にもなった。他のヒット曲に「お別れ公衆電話」「東京なんて何さ」「人生ありがとう」などがある。

八柱霊園の墓じまい(改葬)手続きについて

>>八柱霊園の墓じまい(改葬)に必要な書類や手続きを詳しくみる。

墓じまい費用の内訳

1.改葬手続き
遺骨を寺院や霊園に移動(改葬)する際の書類作成にかかる費用(ご自身でやれば無料です)

2.閉眼供養
墓石に宿った魂を抜くための法要費用(お布施)。

3.離檀料(寺院墓地のみ)
檀家をやめる時にかかる費用(感謝の気持ちですので不要のお寺もあります)

4.墓石解体処分
墓石を解体・処分し墓所を整地するのにかかる費用。

5.遺骨の供養
取り出した遺骨を新しい場所(霊園、寺院、散骨等)で供養するのにかかる費用。

>>墓じまいにかかる費用相場と内訳をもっと詳しくみる

無料相談

「寺院から高額な離檀料を請求された」、「親族間で揉めている」、「供養先が見つからない」、「何から手をつけていいか分からない」等、墓じまいでお困りの方は、お気軽にご相談ください。単なる質問でも構いません。

営業は一切しませんので、どうぞご安心ください。それでも不安な方は非通知でお掛けください。
電話番号:0482127186

担当:吉野

 

日本一安い墓じまいに挑戦中

行政手続き代行、お墓の解体・撤去、供養先の手配などアフターフォローまで責任を持って承ります。お問い合わせ・お見積もり無料です。

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまい(墓石の解体・処分)をご検討中はお気軽にご相談ください。

墓じまい代行|費用を抑えた改葬|お墓の解体・処分はミキワ

東京湾にて海洋散骨

ミキワの委託散骨はご遺族様に代わり弊社担当スタッフが真心をこめて散骨を代行します。また、船をチャーターしご遺族様が散骨できる個別散骨プランもございます。

東京23区内、当社事務所から20km圏内であれば、ご自宅以外の場所(火葬場等)でも、無料でお伺いいたします。

散骨代行・ペット委託|東京湾の格安散骨ミキワ