墓じまいを検討する際、気になるのが費用ですね。

お葬式など、お寺に納めるお布施の相場や費用については何となく知識はあるものの、一生に一度するかしないかの墓じまいの場合、いくらぐらいかかるのか見当がつきません。

ここでは、墓じまいにかかる費用の相場について解説します。

必要書類と費用(受け入れ証明書や都立霊園での改装手続き費用)

・受け入れ証明書

改葬先のお墓を決め、契約をしたら「受け入れ証明書」を発行してもらいます。

・埋葬証明書

改葬元の墓地管理者に「埋葬証明書」を発行してもらいます。

・改葬許可証

改葬元の住所を管轄する役所にて改葬許可申請書を記入・提出し「改葬許可証」を発行してもらいます。申請書は遺骨一体につき一枚必要で、上記2点(受け入れ証明書と埋葬証明書)と一緒に提出します。

・改葬承諾書(必要に応じて)

現在の墓地の使用者と改葬の申請者が異なる場合は、墓地使用者から改葬承諾書を発行してもらいます。

各種書類の発行には、市町村や墓地管理者によっては手数料(数百円程度)がかかる場合があります。

 

行政への手続き代行費用(改葬許可証を行政書士へ依頼した場合の手数料)

忙しくて手続きができない場合や、ご高齢などでご自身での手続きが難しい場合、上記の各種書類の発行を行政書士へ代行してもらうこともできます。

改葬許可証の発行等、行政書士へ依頼した場合の手数料の相場は5〜10万円程度です。

 

お墓の撤去作業費用(墓石の解体・処分費用)

墓じまいの際、改葬元のお墓の墓石を解体・処分し、更地に戻してお寺へお返ししなければなりません。墓石の解体費用の相場は1平方メートルあたり10〜15万円程度ですが、立地や造り、大きさによって金額は上下します。

15〜30万円くらいが一般的です。

閉眼供養のお布施(魂抜きの費用)

改葬元のお墓を処分する際、お墓に宿っている魂をお坊さんに抜いてもらうためにお経をあげてもらいます。このことを閉眼供養または魂抜き、お性根供養といいます。

閉眼供養のお布施の相場は3〜5万円くらいです。

離壇料(檀家を辞めるときの費用)

インターネットで墓じまいのことについて調べると、お寺から高額な離壇料を請求されトラブルになった、という体験談を目にすることがあり、不安に思っている方も多いと思います。

そもそも離壇料とはお布施のこと。
檀家をやめたりお墓の引っ越しをする際、今までお世話になったお寺へのお礼であり仏様への感謝の気持ちを表すものであり金額に決まりはありません。

お寺の住職に尋ねてもほとんどは「お気持ちで」と答えられるでしょう。

地域やお寺の格式、これまでのお付き合いによって様々ですが、目安としては法要1回分程度の金額と考えればいいと思います。

相場は3万円〜15万円。多くても20万円程度包めば大丈夫でしょう。

供養にかかる費用(お寺や霊園での建暮費用)

・海洋散骨費用
・永代供養費用
・粉骨のみ(手元供養)の費用

改葬元のお墓から遺骨を取り出し、新しい供養先へ移す際にかかる費用は、改葬先の供養方法によって様々です。

お寺や霊園での建墓費用

墓地使用料
新しくお墓を建てるには、まず墓地の使用権利を取得しなければいけません。
お墓の場合、土地を買うわけではなく墓地使用料(永代使用料)を支払って借りることになり、これはお墓の大きさや立地になどよって大きく金額が変動します。

安いところですと10万円〜。都心で大きな面積だと1千万円を超える場合もあります。

年間管理料

その他に年間管理料もかかってきます。これはトイレや水くみ場など、共用の設備に使われるもので賃貸住宅でいう共益費のようなものです。

年間3千円〜1万円ぐらいが一般的です。

墓石と墓石の設置

そして最後に墓石の建設。どのくらいの費用がかかるかは使う石材や付属品、大きさなどによって大きく変動します。

墓石本体、石材の加工、工事、外柵の設置、その他付属品などを含めて最低でも50万円以上はみておいた方がいいでしょう。

海洋散骨の費用

海に遺骨を撒く海洋散骨は、個人で行う場合と業者に委託する場合があります。

 

個人で散骨する場合

個人で散骨を行う場合、費用は発生しませんが、マナーとして遺骨を粉末化する必要があり、業者に委託するのが一般的です。

粉骨にかかる費用は骨壺の大きさにもよりますが、遺骨1体あたり3万円が相場です。

業者に散骨を委託する場合

業者に散骨を委託する場合、一般的に
・立ち会いをせず業者に遺骨を預けて散骨してもらう(代行散骨)
・複数のグループで船に乗り合わせ散骨する(合同散骨)
・親族のみで船を貸し切って散骨する(チャーター散骨)
があり、散骨費用の中には粉骨や洗骨、乾燥作業なども含まれていることが多いです。

代行散骨の相場は3〜10万円程度、合同散骨の場合は10万〜20万円程度、チャーター散骨の場合は20万円〜40万円程度です。

提示されている料金は遺骨1体分の料金で、遺骨が増えるとその分追加料金がかかるのが一般的ですので、事前に確認しておきましょう。

永代供養の費用

永代供養の場合は共同墓地を使用するので、墓石代がかからず墓地使用料も割安になります。また、費用を納めるのは最初だけで維持費が掛からないのが一般的です。

永代供養にも様々な形態があり、それぞれかかる費用も大きく変わってきます。

・合葬墓(合祀墓) 3〜10万円
・納骨堂 10〜100万円超
・樹木葬 4〜100万円超

納骨堂・樹木葬の費用に大きく開きがあるのは、その中でもまた多種多様な選択肢があるためです。お寺や霊園に確認してみましょう。

粉骨のみ(手元供養)の費用

遺骨は必ずお墓や納骨堂に入れる必要はありません。自宅で保管し手元で供養することは法的にも認められています。もちろん墓石も墓地使用料もかかりませんので、費用は一番安価になりますし、いつでも供養できるのも魅力です。

かかる費用は粉骨をする場合、遺骨1体あたり2〜3万円が相場です。後は遺骨を納める骨壺代5千円〜。

最近はデザイン性の高い骨壺や遺骨や髪の毛を入れて身につけることができるネックレスやブレスレットなどのアクセサリーも豊富で人気のようです。

日本一安い墓じまいに挑戦中

仕事が忙しい、高齢で自分で手続きする自信がない場合などは、是非、「お墓のミキワ」にご依頼ください。

行政手続き、お墓の解体・撤去、供養先の手配などアフターフォローまで責任を持って承ります。

お問い合わせ・お見積もり無料です。

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

ミキワの墓じまい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket