先日、墓じまいのため墓石の解体工事をしたのですが、これが結構な代物で解体するのに苦労しました。お墓その物は8寸角二段ですので、まあ特段問題ありません。

しかし、通路幅が狭く重機が使えません。これだけならいいのですが、今回は重機が使えない上、カロート(納骨室)の天板にあたる笠石が一枚ものだったため、運び出すのが大変でした。

笠石はお墓でもっとも重要な納骨室を雨水から守る石ですので、二枚石よりも一枚石のほうが理想的です。

それは十分理解しています。理解していますが重機が入らない墓地でしたら、二枚石でもいいんじゃないでしょうか?「だって、お隣さん(お墓)も、そのお隣さん(お墓)も二枚石ですよ」と思わず愚痴ってしまいました。そのくらい重かったのです。

 

では、どのくらい重いかといいますと、

墓石の単位は尺や寸を用いており、1尺*1尺*1尺の立方体(27,818立方センチメートル)を「1才(さい)」と言います。重量(御影石)は80kgくらいです。

今回解体するお墓の笠石の大きさは77cm*106cm*12cm=97,944立方センチメートルですので才計算すると、97,944÷28,718=3.52才となり、重量になおすと80kg*3.52才=281kgになります。

281kgもある墓石を、その場で砕かずに一人で運び出すのはプロレスラーや関取でも、相当難しいでしょう。

通常、1㎡ほどの墓石解体であれば職人一人で作業しますが、事前にお墓を調査したときに一枚石だとわかっていましたので、念のため、いつもは力仕事をしない私も立会いました。

通路幅が狭すぎて、うまく石を取り回せません。

両隣のお墓との隙間1cm、通路幅90cm、途中に若干のクランクあり。

石を寝かせたままでは絶対に運び出せません。

さあ、どうしましょうか?

そうだ、「寝かせたままがダメなら、起こせばいい!」ということで、どうにかこうにか石を立て台車に乗せ無事運び出すことに成功!

念のため立ち会っていて良かったです。一人だったら、きっと出直しでした。

 

一応、写真を撮りました。

この写真では大きさが分かり難い?(運びだすのに集中しすぎて解体前の写真を撮るの忘れました。汗)

 

 

日本一安い墓じまいに挑戦中

仕事が忙しい、高齢で自分で手続きする自信がない場合などは、是非、「お墓のミキワ」にご依頼ください。

行政手続き、お墓の解体・撤去、供養先の手配などアフターフォローまで責任を持って承ります。

お問い合わせ・お見積もり無料です。

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

ミキワの墓じまい

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket