お盆とお正月には必ず、遠方にあるお墓へ父と母、私の家族でお参りに行っていました。ですが2年前、父が脳梗塞で倒れ車いす生活に。

お墓は山の中。道のりが狭く険しく、私たちがアシストしても車いすで通うのは難しくなりました。そのことをキッカケに墓じまいをし、粉骨して手元供養することにしました。

手元供養を決断した理由

墓じまいをしたあと、供養はどうするか親族で話し合いました。永代供養という選択肢も挙がりましたが父は永代供養に抵抗があったようで決心がつかず、話しは平行線に。

しばらくは両親の実家で手元供養をしながら、じっくりと時間をかけて心の整理をして、また親族と話し合うことになりました。墓じまいをし実際に手元供養をしてみると、車いすの父は自宅でいつでも供養ができる手元供養をとても気に入った様子でした。

次の供養先が決まらないからといってずるずると墓じまいを先延ばしにして、無理してお墓参りに行くよりも、供養先が決まるまで手元供養をする、という選択はいい決断だったと思います。

手元供養にかかった費用

先祖代々お世話になっていたお寺へは、親族で出向き墓じまいを考えているということをお話ししました。その他行政手続きやお墓や墓石の解体と処分、遺骨の粉骨のことなどは全て「お墓のミキワ」さんに全てお任せしました。

お墓に埋葬していた遺骨は全部で5人で墓石の処分と粉骨にかかった費用は35万円でした。

上記はミキワさんにお支払いした費用で、別途、お寺にも納めました。

一般的に離壇料と呼ばれる、檀家をやめるために納めたお布施は10万円。魂抜きと呼ばれる遺骨を取り出すときにお経をあげていただいた時に納めたお布施は3万円。

合計の費用は約50万円でした。

その他にももちろん、自分たちの交通費や親族との食事代などもかかりましたが、予想よりもかなり費用が押さえられたので、交通費と食事代を合わせても、当初の予算内に収まり大変満足しています。

今後について

今は次の供養先が決まるまでひとまず実家で手元供養をしている段階ですが、私自身、とても手元供養を気に入りました。

インターネットで手元供養について調べてみると、綺麗なデザインの骨壺がいっぱいあり、目移りするほどです。ネックレスや指輪などのアクセサリーに加工したりもできるし、個人的には両親が他界したら手元供養をしたいとの思いです。

ただ、今は父や他の親族の意向を尊重したいと思っているので、今後のことは手元供養をしながら、ゆっくり話し合っていこうと思っています。

お問い合わせ・お見積もり無料です。

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

ミキワの墓じまい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket