核家族化が進むにつれて、少子高齢化社会が叫ばれるようになり、大きな問題となってきているのがお墓のお世話です。

身内のお墓の管理が大変になってきたら、墓じまいについて真剣に考えてみましょう。大事なお墓だからこそ、墓じまいは失敗したくない。

そこで、具体的な墓じまいの手続きについてご紹介します。また、墓じまいにかかる費用はどれくらいなのか?についても紹介します。

墓じまいとは、お墓の撤去・解体をすること

墓じまいとは、墓を仕舞うこと。お墓を解体・撤去するという意味で、お寺の墓地や霊園からお墓そのものを片付けて返還することです。

「先祖代々のお墓があるが、それは新幹線で2時間以上かかる地元にある。

自分自身は現在の土地で家を建てたので、もう地元に帰ることもない」「一人っ子で独身。

両親の墓を守ることはできるが、自分の後を引き継いでくれる人はいない」このような人にとっては、「自分の通いやすいところに新しく納骨をし、お参りを続けること」が第一の選択肢として挙がってきます。

その他、手元供養(自宅保管)や海洋散骨などの供養方法もあります。

テレビや新聞でも、墓じまいという方法が取り上げられるようになりました。

 

また、よく似た意味の言葉に「改葬」というものがありますが、こちらはお墓(遺骨)を別の場所に移動(引越し)させることです。

墓じまいのように、お墓をそっくり片付けてしまうという意味ではありません。

 

お墓を引き継ぐ子供がいないケースや、残された家族が遠方に住んでいるためにお墓のお世話ができないなどの理由があります。

墓じまいをするというと、世話ができなくて申し訳ないという気持ちになるかもしれませんが、管理ができなければ無縁墓になってしまいます。

墓じまいをすることによって、今までありがとうございましたという感謝の気持ちで区切りをつけることができますので、決して悪いことではないのです。

墓じまいの手続きと手順

墓じまいにはいろいろな作業が必要です。

墓じまいでは、今まで入っていた遺骨を取り出し、墓石を解体、処分します。その後、新しい安置場所に遺骨を移し供養することになります。

日本では、自分の判断で勝手に遺骨を安置場所へ移すことはできません。

墓じまいをし遺骨を移すには、市区町村役場から「改葬許可証」を発行してもらう必要があり、新しい受け入れ先からの「受入証明書」「埋葬証明書」が必要になります。

 

また、原則としてお墓を閉じるときには閉眼供養(魂抜き)を行います。

ここでは一般的な墓じまいの手順をご紹介します。多少手間はかかりますが、丁寧に墓じまいをすればお身内の方も納得されるでしょう

1.お寺や霊園に対して、墓じまいの相談

最初に、墓地を管理している寺院や霊園に墓じまいの連絡をします。
その際、お墓に入っているご遺骨の行き先を尋ねられますので、あらかじめ決めておきましょう。

いったんお墓からご遺骨を取り出して遺骨を取り出すときには、行政の手続きも必要です。
移転先の墓地管理者から「受入れ証明書」を発行してもらい、現在の墓地管理者からは「埋葬証明書」を発行してもらいます。

その後、現在の墓地のある市区町村役場に上記2点と「改葬許可申請書」の書類を提出し、「改葬許可証」を発行してもらいます。

現在の墓地管理者に改葬許可証を提出してご遺骨を取り出し、新しいお墓の管理者に改葬許可証を提出して、遺骨をおさめることになります。

なお、遺骨を同じお寺や霊園内の永代供養墓地・合祀墓へ移す場合は改葬申請をしなくてもよい場合があります。

詳しいことは、現在の墓地管理者や市区町村役場で確認しましょう。

2.閉眼供養

具体的な供養は、閉眼供養から始まります。
お家のお宗教旨の僧侶などにお墓から魂を抜いてもらうことで、閉眼供養が終われば遺骨を取り出すことができますし、墓石は単なる石にかわりますので撤去することが可能です。

3.離檀

遺骨をほかのお寺に移す場合は、離檀といってそのお寺の檀家から離れる手続きをとります。離檀はお寺の檀家である場合だけ必要で、無宗派の霊園などでは不要です。

4.お墓の解体・撤去工事を業者へ依頼

石材店に依頼し、お墓を撤去します。撤去作業のためにはクレーン車やトラックが必要ですし、日数がかかる場合もあります。

事前に石材店と打ち合わせておきましょう。

なお、墓じまいを済ませた後の墓地は、権利がお寺や霊園に戻ることになります。

5.移転後の墓地での納骨

遺骨をほかの墓地に納骨しなおす場合には、納骨法要が必要です。
一般的な納骨の法要と同じことをします。こちらは移転先の僧侶に依頼します。

墓じまいの費用は事前確認が必要

こういった墓じまいには、お金がかかります。
目安として閉眼供養に3~5万円、離檀料として10~50万円、墓石の解体・撤去には20~50万円ほどを見ておきましょう。

遺骨を改葬する場合は、移転先の墓地での納骨料に10~20万円程度が必要です。

新しくお墓を買うという場合はこれにプラスして200万円程度が、納骨堂を選ぶという場合はプラスして30万円~50万円程度が加算されます。

 

決して安いものではありませんから、費用についてはしっかり考えておかなければなりません。

墓じまいをするにあたっては、家族全員で相談し、費用についても事前に確認を取ることもとても重要です。

 

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまいのご相談なら【お墓のミキワへ】

ミキワの墓じまい

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Pocket