散骨が行われている主な海域
2019年3月12日

散骨が行われている主な海域

海に遺骨を撒く葬送方法を海洋散骨と言いますが、具体的にどのような海で散骨が行われているかが気になるという方もいるでしょう。

今回は、散骨が行われている主な海域をご紹介しますので、海洋散骨が気になるという方はご参考にしてください。

 

散骨に選ばれる海域の特徴

始めに、散骨に選ばれている海域の特徴をご説明します。

個人的に散骨する分にはどこでも可能ですので、散骨業者に依頼した場合に散骨することになる海域の傾向をお伝えします。

 

全国の海域で散骨が可能

散骨業者は様々な種類があるため、基本的には全国の海域で散骨することが可能です。

一部の特別な海域でしか散骨できないということはないため、依頼者の住所がどこであっても容易に海洋散骨をすることができるでしょう。

散骨を行いたい海域を扱っている散骨業者を探して、依頼する流れとなります。

同じ県の中で複数の散骨ポイントを用意してくれている散骨業者もあるため、近い海域の中からベストな場所を選ぶことができます。

ただし、散骨業者に依頼した場合は、業者側で指定されたポイントでの散骨となるため、具体的な散骨場所をこちらから指定することはできません。

どうしても独自に見つけた場所で散骨がしたいという場合は、柔軟な対応をしてくれる散骨業者を探すしかないでしょう。

 

見晴らしの良い場所が好まれる

散骨業者は自らの会社のセールスポイントとして、景色の良い海域を散骨場所に選ぶ傾向があります。

非常に美しく、開放的な景色の中で散骨を行うことになるため、葬送に抱きがちな暗いイメージを払拭することができるでしょう。

美しい自然の中に還りたいと考える人とっては、理想的な環境が用意されています。

 

人がいない場所が選ばれる

景色が美しい場所は観光地になりやすく、多くの人が集まります。

散骨の際に人目につきすぎるとトラブルが発生してしまう可能性もあるため、極力人気のないポイントで散骨することになるでしょう。

沿岸部は人目につきやすいため、沖に出てから散骨するという流れが一般的です。個別散骨(遺族が船に乗船して散骨)をするのであれば、散骨業者に船のチャーター料金を支払うことになり、料金は10~30万円程度が相場です。

お坊さんを手配しお経をあげてもらうこともできます。

過去に散骨業者と近隣住民がトラブルになった経験から、散骨業者はトラブル回避のために慎重を期するようになっており、人目につかないよう沖に出て散骨することが暗黙のルールとなっています。

 

海洋散骨で人気がある海域

実際に海洋散骨で利用されている海域をご紹介します。

海域によって様々なメリットがあるため、散骨場所選びのご参考にしてください。

 

東京湾

東京の人口はかなり多いため、東京に住んでいる人でもすぐに散骨ができるように、東京湾を散骨場所として用意している散骨業者があります。

都内に住んでいる人にとっては、地方まで出向かなくても良いことは嬉しい点でしょう。

仕事の関係などで、中々都内から出られないという人は、東京湾での散骨を検討してみてください。

 

駿河湾

駿河湾は、世界文化遺産に登録されている非常に美しい海域です。

富士山の南側にある海域ですので、散骨の際には富士山を眺めながら散骨できる点が魅力的でしょう。

景観の美しさにこだわりがある場合や、故人が富士山に思い入れがある場合におすすめの海域となります。

 

沖縄本島

沖縄の海は非常に美しいことで有名であるため、沖縄の海域での散骨を望む人が多いです。

冬場の海は冷え込むため、本来は冬に海洋散骨することは推奨されていませんが、沖縄は温暖な気候であることから、冬でも散骨ができる場所としても人気を集めています。

どうしても冬に散骨がしたいという方は、沖縄本島の海域を検討してみると良いでしょう。

 

散骨に向いている時期とは

海は気候がデリケートであるため、海洋散骨の場合は時期についても考慮する必要があります。

散骨に向いている時期と、そうではない時期についてお伝えするので、海洋散骨について検討するためのご参考にしてください。

 

一番向いている時期は秋

海洋散骨に一番向いている時期は秋です。

天候が穏やかで海水が温かくなり始める頃なので、海上の移動も快適に行えるでしょう。

最も安全に散骨を行うためにも、できる限り秋を狙って海洋散骨することをおすすめします。

 

向いていない時期は夏と冬

秋とは反対に、夏と冬は海洋散骨には向いていないため注意が必要です。

夏は天候の変動が激しく、予期しない嵐などに見舞われる可能性があるため、海上を移動する際には危険が伴います。

せっかく散骨の予定を入れたにも関わらず、天候の荒れが原因で出航中止となってしまう可能性もあるでしょう。

冬は天候が荒れることは少ないですが、厳しい寒さに悩まされることになります。

潮風によって陸上よりも寒くなるため、冬場に海洋散骨をする場合は、かなり着込んで臨まないと厳しいでしょう。

沖縄の海なら比較的温かいため問題無く散骨は行えますが、できる限り冬は避けた方が無難でしょう。

 

まとめ

海洋散骨に利用される海域についてご紹介しました。

海上の移動に慣れていないという方も多いと思われますので、海洋散骨を行う際は、油断することなく万全の状態で臨むようにしましょう。

様々な散骨業者を比較しながら、理想的な散骨ができる場所を探してみてください。

 
【2018年最新版】全国の散骨業者一覧

無料相談

「寺院から高額な離檀料を請求された」、「親族間で揉めている」、「供養先が見つからない」、「何から手をつけていいか分からない」等、墓じまいでお困りの方は、お気軽にご相談ください。単なる質問でも構いません。

営業は一切しませんので、どうぞご安心ください。それでも不安な方は非通知でお掛けください。
電話番号:0482127186

担当:吉野

 

日本一安い墓じまいに挑戦中

行政手続き代行、お墓の解体・撤去、供養先の手配などアフターフォローまで責任を持って承ります。お問い合わせ・お見積もり無料です。

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまい(墓石の解体・処分)をご検討中はお気軽にご相談ください。

墓じまい代行|費用を抑えた改葬|お墓の解体・処分はミキワ

東京湾にて海洋散骨

ミキワの委託散骨はご遺族様に代わり弊社担当スタッフが真心をこめて散骨を代行します。また、船をチャーターしご遺族様が散骨できる個別散骨プランもございます。

東京23区内、当社事務所から20km圏内であれば、ご自宅以外の場所(火葬場等)でも、無料でお伺いいたします。

散骨代行・ペット委託|東京湾の格安散骨ミキワ