散骨前に遺骨を粉骨する方法
2019年3月13日


散骨前に遺骨を粉骨する方法

散骨をするためには、骨を細かく砕く工程である粉骨は欠かすことができません。

今回は粉骨について詳しく解説しますので、散骨がどのような過程を踏んで進められていくのかを確認してみましょう。

 

なぜ粉骨が必要なのか

散骨をするために、なぜ骨を細かく砕く必要があるのでしょうか。

粉骨が必要となる理由を先に解説します。

 

法律に違反することを避けるため

粉骨をせずに形が残ったままの遺骨を散骨すると、死体遺棄罪に抵触してしまう可能性があります。

法律においては遺骨も死体として扱われるため、ひと目で遺骨と分かる状態で散骨し、不法に死体を捨てたと見做されては困ります。

死体遺棄罪に問われてしまうことを避けるためにも、遺骨と分からない状態になるまで細かく粉骨した上で散骨する必要があります。

 

他人に迷惑をかけないため

粉骨には、他人に迷惑をかけないという目的もあります。

遺骨をそのままの状態で撒いてしまうと、たまたまそれを発見した人が驚いてしまう可能性があるでしょう。

事件と勘違いした人によって、通報されてしまっては大変です。

海であれば、形が残ったままの遺骨を撒いても問題無いと考えがちですが、漁師さんの網に遺骨が引っ掛かるなどして迷惑がかかってしまう可能性がありますので、海洋散骨の場合も必ず粉骨を経る必要があります。

 

粉骨の進め方

続いて、実際に粉骨をする場合の進め方についてご説明します。

粉骨は自分で行う場合と、粉骨業者に依頼してやってもらう場合の2通りがあります。

粉骨業者に依頼する時は、後のトラブルをさけるため同意書を書かされることが多いです。粉骨をするかどうかの決定権を持つのは祭祀承継者になりますので、まずは自分が祭祀承継者になってください。

祭祀承継者でない第三者が粉骨に同意すると思わぬトラブルに発展しかねません。また、意図せず法律に反してしまうことを避けるためにも、粉骨をする人は忘れずに祭祀承継者になっておきましょう。

 

自分で粉骨する場合

粉骨を個人で行うことには多大な労力がかかりますが、自分の手で粉骨したいと考える方もいるでしょう。

自分で粉骨を行う際の手順を解説します。

 

乾燥させる

遺骨が乾燥している状態で粉骨を行う必要があるため、遺骨が湿気を含んでいる場合は、まずは乾燥させましょう。

最低でも48時間は天日で乾かして、湿気が取れたことを確認してから粉骨することをおすすめします。

火葬後の遺骨は既に乾燥した状態で引き渡されることがほとんどですが、お墓の中に保管されている遺骨を取り出した場合などは、骨壺内が水没していることもあります。

また、湿気のせいで遺骨のカビが生えてしまっている可能性もあるため、カビが生えていた場合は殺菌をしておくことも重要です。

ガスバーナーなどで骨を炙り、殺菌しておくようにしましょう。

 

異物のチェック

粉骨をする前に、異物が混入していないかをチェックしましょう。

金属片などの異物が混入した状態で粉骨をしようとしても、スムーズに粉骨できなくなってしまう可能性があります。

粉骨の前には、できる限り異物は取り除いておきましょう。

 

遺骨を粉砕する

準備ができたら、実際に粉骨を行っていきます。

遺骨を砕くことができるものであれば何を使っても構いませんが、ハンマーなどで粉砕するのが一般的です。

2mm以下の細かい粒子状になるまで粉骨することが推奨されているため、すり鉢などを利用してさらに細かくしていきましょう。

粉骨の作業自体は難しくはありませんが、全ての遺骨を粉砕するにはかなりの重労働となります。

体力に自信が無い方は、業者に依頼してやってもらった方が良いでしょう。

 

水溶性の袋に収納する

粉骨後は水溶性の袋に入れることをお勧めします。水溶性の袋は、そのまま海に散骨しても水に溶けますので環境にも優しいです。また、遺骨が湿ってしまうとカビを発生させてしまう原因となってしまいますので、真空パック化すると尚良いでしょう。

真空パックに遺骨を収納しておけば、乾燥した状態を保ったまま散骨することができます。

 

業者に依頼する場合

粉骨作業は非常に大変な作業であるため、業者に依頼するのが普通です。

業者が粉骨を行う際は、粉骨専用の機械を使って1時間ほどで粉骨を完了させることができます。

安価で粉骨を引き受けてくれるため、自分で粉骨を行いたいというこだわりが無い限りは、業者に依頼するようにしましょう。

 

まとめ

粉骨の具体的な方法について解説しました。

粉骨は自分で行っても問題はありませんが、精神的にも肉体的にも負担のかかる作業となります。

出来る限り業者に依頼して粉骨をしてもらった方がスムーズでしょう。

どうしても自分で粉骨がしたいという場合でも、具体的な粉骨の進め方はプロに相談しておくことをオススメします。

 
【2018年最新版】全国の散骨業者一覧

無料相談

「寺院から高額な離檀料を請求された」等、墓じまいでお困りの方は、お気軽にご相談ください。単なる質問でも構いません。

営業など一切しませんので、どうぞご安心ください。(非通知でも全然OK)
電話番号:0482127186

担当:吉野

 

日本一安い墓じまいに挑戦中

行政手続き代行、お墓の解体・撤去、供養先の手配などアフターフォローまで責任を持って承ります。お問い合わせ・お見積もり無料です。

都立霊園(雑司ケ谷霊園、青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八柱霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園)をはじめ、全国の墓じまい(墓石の解体・処分)をご検討中はお気軽にご相談ください。

墓じまい代行|費用を抑えた改葬|お墓の解体・処分はミキワ

東京湾にて海洋散骨

ミキワの委託散骨はご遺族様に代わり弊社担当スタッフが真心をこめて散骨を代行します。また、船をチャーターしご遺族様が散骨できる個別散骨プランもございます。

東京23区内、当社事務所から20km圏内であれば、ご自宅以外の場所(火葬場等)でも、無料でお伺いいたします。

散骨代行・ペット委託|東京湾の格安散骨ミキワ